【生誕250年】佐藤久成+高橋望が挑むベートーヴェン・ヴァイオリンソナタ「春」「クロイツェル」

開催地秩父市

※この公演は、2020年3月14日の振替公演です。
3月14日の公演のチケットをお持ちの方は、そのままお入りになれます。チケットを持参の上、ご来場くださいませ。

【ベートーヴェンのヴァイオリンソナタを俯瞰する注目のプログラム】
ピアニスト髙橋 望が、秩父市で2003年より行ってきたリサイタルシリーズ。37回目の今回は、ヴァイオリンの佐藤久成を迎えてのベートーヴェン。生誕250年という楽聖ベートーヴェンの記念の年にも相応しいプログラムである。
ベートーヴェンは、青年時代よりヴァイオリンソナタを書き始め、「田園交響曲」「熱情ソナタ」など傑作の森と言われる中期の作品群には第9番「クロイツェル」がある。その後は、後期の入り口にあたる頃に第10番を書いたのみ。
今回は、第1番、第5番、第9番が演奏されるが、それは彼のヴァイオリンソナタを俯瞰したプログラムと言えよう。これを聴けばベートーヴェンがいかに創意工夫をこらしてヴァイオリンとピアノのための音楽を作り出したがが感じてもらえると思う。
折しもこの3曲は、ヴァイオリン界の絶滅危惧種とか、鬼才と言われる佐藤久成が、数年前にニューヨークでリサイタルをした折のプログラムだという。佐藤と髙橋はブラームスなどで共演してきたが、ベートーヴェンは初めて。
二人のベートーヴェンへの情熱が、どんな音楽を創り出すのか、じっくりと耳を傾けたい。

2020年9月19日(土) 第37回リサイタル~生誕250年記念 佐藤久成+高橋望が挑むベートーヴェン~
[ところ] 秩父市歴史文化伝承館ホール
[開演] 14時 (開場13時30分)
[曲目] ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ第1番ニ長調Op.12-2、第5番ヘ長調Op.24「春」、第9番イ長調Op.47「クロイツェル」
[出演] 佐藤久成(ヴァイオリン)、高橋望(ピアノ)
[チケット] 一般3,000  学生500円 全自由席
[プレイガイド] イープラス https://eplus.jp/sf/detail/3155830001-P0030001
木亭(野坂町)、秩父楽器サービス(道生町)、タカハシサイクル宮地店、矢尾百貨店5階チケットサービス(上町)
[お問い合わせ、予約、販売] タカハシサイクル中町店0494-22-1357
[主催] クラシックに親しむ会
[後援] ちちぶ芸術祭

開催日 2020年09月19日(土)
開催場所 秩父市歴史文化伝承館ホール
最寄駅等 秩父鉄道御花畑駅徒歩2分 西武鉄道西武秩父駅徒歩2分
料金

有料

一般:3000円
学生:500円

主催者 クラシックに親しむ会
問い合わせ先 タカハシサイクル中町店 0494-22-1357
関連URL http://nozomutakahashi.boy.jp/
備考 出演
佐藤久成(ヴァイオリン)
東京藝術大学附属音楽高校を経て、東京藝術大学卒業後渡欧。ザールラント音楽大学、ベルリン芸術大学ほかで学び、リッチ、ルガーノ、ルイス・シガル、ベオグラード、ヴィオッティなどの国際コンクールで優勝、入賞。ベルリン交響楽団のソリストとしてヨーロッパデビュー後、各地でリサイタル、協奏曲、室内楽で演奏活動。ライフワークとして、数万曲に及ぶ数々の未知の絶版楽譜を世界中で収集、それらの知られざる作曲家や 忘れられた作品の発掘に力を注ぎ、紹介・初演・レコーディングを積極的に行う。これまでリリースした多くのCDはレコード芸術誌「特選盤」など各メディア、各新聞紙上で高い評価を得る。産経新聞モーストリー・クラシック誌「最新格付け!世界の名ヴァイオリニスト」総合ランキングと現役ランキングの両方に選ばれた。近年、大阪フィルや仙台フィルや群馬交響楽団等と共演し、チャイコフスキーの協奏曲のライブCDをリリース。また、サントリーホール大ホールでソロ・リサイタルを行う。

高橋望(ピアノ)
埼玉県秩父市出身。ドレスデン音楽大学でペーター・レーゼルに師事。同大学にて国家演奏家資格試験に最優秀で合格。その後、同大学院マイスタークラス修了。第13回園田高弘賞ピアノコンクール、第2回G・ガンドルフィ国際ピアノコンクール(パルマ)で入賞。バッハ・ゴルトベルク変奏曲をライフワークとし、毎年同曲のリサイタルを東京で行い「音楽の友」「音楽現代」等で好評を得る。2015年のライブ盤は「レコード芸術」で準特選盤に、最新盤のバッハ・平均律クラヴィーア曲集第1巻は「レコード芸術」特選盤に選出された。
人間学工房Webサイトにて「ゴルトベルク変奏曲の旅」連載中。

* この情報は、主催者から提供されたものです。
実際に参加される場合には、内容を事前にご確認ください。