第4回歴史研究発表会「古文書から見えてきた北条氏邦の鉢形領を支えた人びと」を12月12日(日)に実施します。

開催地秩父市

 コロナ感染拡大の影響により開催を延期しておりましたが、コロナ禍が下火になり12月12日(日)に実施できることとなりました。皆様には大変ご迷惑をおかけしました。  
 12月12日(日)には、予定した内容で下記のとおり開催します。
 4年前から、「北条氏邦の鉢形領を支えた人びと」と題して北武蔵を中心とする鉢形領内における中世後期以降の一騎衆、地侍クラスの人物の調査研究を行ってきました。今回も当時の古文書の収集とその分析をメインに活動しております。今回は榛澤郡、男衾郡、幡羅郡の古文書を収集し、その成果発表とそれに関わる講演会並びに調査研究の報告会を 行って活動のまとめを行う予定です。また、郷土史に関心を寄せる地域住民の方々に地元の歴史について紐解く機会を提供することもこのイベントの目的にしております。郷土史愛好家の多数の皆様のご来場をお待ちしております。
講  演 駿河台大学教授 黒田基樹氏
      「戦国北条家のなかで氏邦の果たした役割」
研究報告 「岩田家系録」に見る鉢形領を支えた人たち
     (高橋稔会員)
     「鉢形領の経済学」
      ~古文書から見えてくる戦国経済の姿~
     (大島和男会員)
     「戦国の甲冑戦闘の実際」双水執流小具足腰之廻組討
      (20代宗家 宇佐見裕司会員他)
演武   「戸田派武甲流薙刀術」
      (21代宗家 建入久代会員他) 

開催日 2021年12月12日(日)
開催場所 秩父宮記念市民会館
最寄駅等 西武鉄道西武秩父駅徒歩5分  秩父鉄道御花畑駅徒歩3分
料金

無料

希望者への提供資料
調査研究報告会レジュメ500円
関係古文書集(原史料写真と釈文付き)1500円 関係古文書解説集1000円

主催者 鉢形歴史研究会
問い合わせ先 鉢形歴史研究会事務局  090-1996-9535(冨田)
備考 開催時間 10:00~16:30(開場9:30~)
定員 300名 先着順 整理券を配布する予定です。

* この情報は、主催者から提供されたものです。
実際に参加される場合には、内容を事前にご確認ください。