早川ユミ タブリエとブラウス展

開催地さいたま市大宮区

フランスの農婦はみなタブリエをして、畑の作業や収穫のしごとをします。

たっぷりした布をまくことによって、あたたかく、野良しごとにもぴったりです。

うつくしい自然のなかでは、うつくしい衣服を。

うつくしいくらしが、社会をかえる。

土があり、布がある。

種まきしながら、土とともに生きる。

草刈りしながら、日本みつばちを飼う。

自然を生きるひと、野生を生きるひとのための、はたらく衣服たち展。

1月19日(土)にワークショップも予定しています。

皆様のお越しをお待ちしております。

********************

日時 2019年1月18日(金)~2月3日(日)

11:00~18:00(最終日16:00)火・水休み

作家在廊日 1月18日、19日(WS開催日)

********************

<ワークショップのお知らせ>

ちくちくワークショップ 縄文ポシェットをつくる

日時 1月19日(土)13時~2時間を予定

参加費 4,000円(材料・お菓子・お茶込)

持ち物 糸切りばさみ

早川ユミ タブリエとブラウス展
開催日 2019年01月18日(金)~2019年02月03日(日)
開催場所 アルピーノ村 あるぴぃの 銀花ギャラリー
最寄駅等 JRさいたま新都心駅 より 徒歩8分
料金

無料

ワークショップのみ有料(材料・お菓子・お茶込 4,000円)

主催者 アルピーノ村 あるぴぃの 銀花ギャラリー
問い合わせ先 【TEL】048-647-2856
備考 定休日 火曜・水曜(祝日の場合は営業します)
※ 作品入替の際は不定期でお休みをいただきます

* この情報は、主催者から提供されたものです。
実際に参加される場合には、内容を事前にご確認ください。